忍者ブログ
NinjaToolsAdminWriteRes

赤と黒に誘われ

真鯛に魅せられ

HOME ≫ Entry no.43 「平成20第三回粟島遠征つづき」 ≫ [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38]

平成20第三回粟島遠征つづき

CA3A0010.JPG島の上手から回り、粟島の唯一の橋を釣友に紹介しながら道中を進みます。CA3A0013.JPG



















 丁度、島も時期的に「岩ゆり」の咲いてる時期なもんで、険しい岩場に咲き誇る「岩ゆり」の話をしながらの短い道中。CA3A0013.JPG

▽つづきはこちら

 釜谷の浜に着き、道具の準備を終え、いざ出発、今晩の宿探しです。
でも、ウネリがありましたので、少しゆっくりと島の連中と談笑、1t時間後位に出発する。
CA3A0017.JPG












 予定していた岩がふさがっており、この次期は港の近辺でも7キロ級からの大ダイが上がる可能性が十分にある、浜から2.3分の弁天岩周辺に決定、一昨年この時期ここで、おらと他の釣人で、80センチ中半のサイズが2週続けて上がってる。
CA3A0015.JPGCA3A0016.JPG











 釣の準備をしている鱗海SPさん(通称:じょさん)気合を入れての準備です。
CA3A0018.JPG

 後方には釜谷港が見える。ここら辺、一帯も「岩ゆり」が人の手の届かない岩肌にいっぱい咲いてます。険しい岩場にオレンジ色の花は何故か釣り人でも綺麗で見とれてしまいます。
 この岩は足場が比較的、安定しており夜通しには最適。















 てな感じで釣開始、予想外に餌取りが居なく拍子抜けしましたが、撒きじめれば来なくても良いって言っても来るからと思ってましたが、これが予想に反して河豚すら居ない有様?もしかしてムフフ........!
 てな具合になる訳が無かった。
あちらこちらと探るも2人とも魚からのメッセージ皆無???水温か?夜に期待しながらも釣を続行。
 夕方、6時近くに磯弁が届きしばし休憩と夜の作戦会議(アルコール補給)
6:30頃に釣を開始し夕マズメに備えるべく夜用のウェポンに変更そして待ちに待った魚信が7:30から始まりました。さていよいよ戦闘開始!

 












拍手[0回]

PR

●Thanks Comments

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
秘密? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:

≪ 夜通し開始! |PageTop| 平成20年第三回粟島遠征 ≫

カレンダー ▽

最新コメント ▽

プロフィール ▽

最新コメント ▽

忍者アナライズ ▽


カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[10/22 たま]
[10/21 S丸]
[06/02 たま]
[06/02 たま]
[06/02 たま]
[06/01 S丸]
[06/01 サンタマ]
[05/30 かず郎]
[05/12 たま]
[05/11 かず郎]

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

バーコード


※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【tama】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog