忍者ブログ
NinjaToolsAdminWriteRes

赤と黒に誘われ

真鯛に魅せられ

HOME ≫ Entry no.146 「2009第3回粟島釣行 」 ≫ [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2009第3回粟島釣行 

 CIMG0044.jpg6月6.7日に 食と観光めぐりの"知り合い"を伴い、合わせて、おらは魚釣りに行きました。

 太陽がこの位に傾いた時、おらは岩の上で奮闘中です。













P6060426.JPG 知り合いを食堂に案内し、おらはとりあえず宿に入りました。
 昨年、逝ってしまった”じいや”の仏壇に手を合わせ、しばし宿の人と雑談。
 「釣に行かねんか?」とせかされましたが、「まだ早え」なんて余裕がある言葉が出ましたが、内心「待ってろ鯛め」なんて思いながらそわそわ(笑)








 船頭に電話したら「えっ来てたんか?なんも言わんかったねっか」、なんて事言われましたが、「時間見て行こて」で 午後二時過ぎに一人大名渡しで上がった岩は「長手鼻鮮魚センター」 
 出掛ける前に浜で、漁師と潮の濁りが凄いと状況を確認する。「今日は鯛ばダメだろ、濁り過ぎてるもんな」なんて先行き不安な事を言われたが、凪が良く夜通しが出来れば・・・・
 岩に上がって見るとかなり潮が濁ってます、それに潮の流れが速い! まずい!夜には流れも緩くなるだろうと、まずは海洋資源調査を開始、潮が被る溜まりにサザエを確認し生息地に移動。
 目で数メートルの間で20個くらい確認し状況としては「今年は例年よりやや良」と判定した。 秋が楽しみです。
P6060427.JPG 沖に見える「オオボラ」に2人が上がってましたが、釣果は・・・・・・だめみたいと翌朝の情報で聞きました。 
  溶けてないオキアミを溜まりに放り込み釣準備、潮の流れは右のワンド側から斜めにゆっくりと沖に(ニヤリ)
いい感じです。 
 コマセも調理完了で釣開始、見た目より流れが速い 0.8号のウキに潮受けのシンカーを装備し、今回新しく巻き替えた道糸で、ガン玉をあれや、これやと調整、ええ感じになった所で本命ポイントを攻める
 割と刺し餌は残るが、当たりが取れない?
餌さ取りは濁ってるんで確認できないが、メバルが沢山居るみたいでウキがシモルと掛かるのはメバル、ソイ・・・・タナが深すぎか?他の魚がまだ岩に入って来ないのか???
 そんな感じでせっせと「花咲じいさん」してると 道糸がピューと引かれ、まあまあの手ごたえだけどなんか変? 上がって来たのは「イナダ氏」 まだ居たの!でお帰りになってもらう
 夕日も水平線に近くなる頃、刺し餌がそっくり残る「そろそろ来たね」で少し追いコマセし誘うと、道糸がバラバラと景気よくリールのスプールからでで行く、竿を立て気味にしスプールを抑え合わせを入れると、ゴンゴンと鯛の感触が、小さいが「初物」です。ゆっくりと巻き取り抜き上げたのは、30センチを少し切る位のコダイです。
 30分おき位に一匹の割合で同じサイズが掛かるが、油断は禁物、早目にビールで喉を潤し戦闘再開。
すでに日もなくキャップライトでポイントに戻ると風がかなり出てきてウネリも高くなったような気もするし、何とも嫌な”蚊”が出てきた。 堪らず虫除けで防護しさて集中するか。
 背中風に変わり仕掛けが操作しやすくなった夜の八時半頃、張っていた道糸が一気に出て行く、「やっと真打が登場したなで」強引にリールのスプールに手を当て糸を手のひらで抑えベールを掛けるると結構な手ごたえ
 4号のGチューンと4号ハリスに有無言わずに負荷を掛けるると、まだ沖に行きたがるが、そのまま竿を矯め
巻き取り開始、磯際でしつこく下に突っ込んで居たがやっと観念し上がって来たのは、「綺麗なオネエチャン」
 ウネリが大きくやっとタモ入れ出来、まず一安心。
P6060430.JPG
 タモ枠サイズでしたが、今時間帯ではこんげもんかな。
 海が荒れてるんでスカリやストリンガーは降ろせないし3キロのオキアミでとりあえず冷蔵する。
 又、今回もコマセが足りなくなるかと先が心配ですが、腐らせる訳にもいかずクーラーにお入り戴いた。 








 















 

▽この後、当たりが!

 さて顔も見れたし、更なる獲物を・・・・・? シーン??当たりがない、刺し餌は当然、残る? タナが変わって食わないか?潮の流れも同じ向きですが???? 
 刺し餌をオキアミから袋イソメに替えるも、メバルやソイも食わない、おかしいな?一時間位そんな、こんなでやって居たが、「だめら休憩」をはさみコマセを新調しコーヒータイム
 魚が入れ替わるんかなーと考えながら10時頃に再開、やっぱり食わん? ポイントを少し潮下に移しやってみるも同じ状況、ハリスのガン玉の大きさを少し上げ小さくしてみるがイメージどうり食わない?????。
仕掛けの流す距離をぎりぎりまで遠くに流し様子を見ることに、張りながら流していた電子ウキの赤い光がゆっくりと潜行、沈む仕掛けじゃないので様子を伺うがボヤーと見える所で止まってる。 
合わせてみても乗らない
再度、同じコースで流す又、同じ所で先程より速いスピードで沈んで行くがやっぱり同じ所で止まってる、で暫くそのままにしておき、ゆっくりと穂先に聞いてみるとゴゴンゴゴンと魚の気配が、リールで竿を絞り込むように巻き取り竿に乗せて釣り上げたのは30センチ弱の子鯛ですが、何故か近場のシモリ際で当たらないのだと不思議に思った。
 近場から同じコースを長く流したいので出来るだけ潮上にコマセを入れ同じ所に仕掛けを入れ流すを繰り返すこと5~6投、そろそろ疲れと強い風に吹かれ集中力が切れかかってきてくる午後11時半頃、
コマセを入れ仕掛けを投入しすぐ追いコマセをしようとした時、
 一瞬、目を離したウキがないと思ったと同時に道糸が一気にリールのスプールから飛び出していく、予定外の当たりなんで、えっ!浮いてた?体制が良くない状態で無理にベールを掛けて止めたのでタメが効かずついレバーを緩めた。
 思ってた通り、思いっきり走られてた「止まらん」でここで絞めたら手前に突っ込むので20メータ位、走った所でまた諦めて走らす、「沖でやるしかない」と諦め走るのが緩くなったので、ようやく戦闘開始、気持ち良い手ごたえでゆっくり楽しむ「余りでかくないがタモ枠よりましだろう」なんて考えながらやり取り、暫くすると30メータ位沖に赤い光の電子ウキが見えてきた、手前に静かに寄せて来てタモに掬うがウネリが大きく、一回入って掬うが、飛び出す、これが逃げたら後がマズイので明かりを入れ確実に掬った。 コマセも少ないが何とかなるかなの明かり投入でしたが、その後、当たりはまったく無しでコマセの完売。
 そこで長手鼻鮮魚センターは閉店しました。
 朝の4時に船頭に電話し、早上がり?皆さんはこれから岩に上がり釣を始めるのにねー!
 P6070432.JPG
 68センチ4.5キロのノッコミ真鯛でした。














 面々たちです。
P6070433.JPG
 家に帰り調理前にパシャリ。

 最後に、この度、新しく道糸を張り替えたサンラインのオ・シャ・レはスプールの馴染みもすこぶる良く又、風や潮の影響を受けにくくワンランク以下の細い糸を使っている感じでした。巻癖もなく裁き易い非常に良い糸と感じました。もちろん強度も充分、 D社のトリプルガンマは同じ号数でも巻癖つきリールからでた時の状態や撚れがとても気になってたが、やっと納得のいく糸に出会えたかな(笑)





 本当に綺麗に見えました。
P6060408.JPG










拍手[1回]

PR

●Thanks Comments

自分ばっかりーーー

やっぱり、粟島の夜通しですよねー。いいなー、自分ばっかり・・・
勝手知ったるポイントが一番ですねー。
大漁!おめでとうございます。

From 【bb】2009.06.08 22:55編集

こん

おぉ、エエ鯛ですね~!
数も型も揃いましたね・・・お見事!
オシャレ・・・良かったようですね。
私のインプレでは取れてなかった、大物対応の強度が実証されました。
ありがとうございます。
これで、皆さんに自信を持って薦められます。

ちなみに、私はサンラインの社員ではありません(爆)。

From 【yukimaruURL2009.06.08 23:07編集

さすが!粟島居付きのたまさん

お見事です。
お仲間連れて観光かと思っていたら
しっかりとあげていたんですね~(笑)

オシャレもいいようですね

From 【ちぬ黒】2009.06.09 06:01編集

無題

凄いの沢山釣れましたね(^o^)/

From 【浪人】URL2009.06.09 07:09編集

さすがですね~

すご~い!!

大漁じゃないですか!!
うらやまし~です~。今週末も行かれるんですよね?

また大漁報告楽しみにしてます。

From 【鮎川魚紳】2009.06.09 14:55編集

無題

流石に夜職人の本領ですね

この位の釣果が有れば文句無いでしょう

今年は真鯛の顔見れるのかな?私は・・・

From 【いち】2009.06.09 15:48編集

いいなぁ~ いいなぁ~~~

羨ましいなぁ~~~~~♪♪♪♪♪

From 【じょん】2009.06.09 19:14編集

雨、風、波と!

bbさん> 粟島からも佐渡が良く見えましたよ。 向こうも釣れてるかなーなんて思ってました。

From 【たま】2009.06.09 19:44編集

なんとか顔は見れた

yukimaruさん> 今回の釣行は、条件的にかなり厳しかったです。 昼釣の方達は殆んど釣果が無かったと効きました。 濁りがあったので黒鯛や石鯛の釣果が聞かれると思ってましたが、皆無? それもダメだったみたいです。
 道糸は昼間に使うと、マーカーが潮の流れや餌さ取りの状況なども教えてくれますね。 
 yukimaruさんにあやかりψ(`∇´)ψ ケケケッ で今週も島に行きます。

From 【たま】2009.06.09 19:58編集

是非、試して下さい。

ちぬ黒さん> この時期の粟島は、まだ観光客も少なく良いですよ。
 オシャレは試す価値のある道糸ですね。 

From 【たま】2009.06.09 20:01編集

今は一番旨いかも

浪人さん> 島の人に言わせると鯛は美味しい時期みたいですよ。
 身に脂も適度にありますし。

From 【たま】2009.06.09 20:04編集

行けるときにいっぱい

鮎川魚紳さん> 佐渡は余り良くなかったと聞きましたが、粟島の昼釣も芳しくなかったようです。 気配はプンプンなんですが、潮の当たり具合でその岩に付いた魚の活性が違うような気がします。水温がかなり違うみたいです。 こんな年は真鯛の80クラスが浅場で良く掛かった記憶がありますよ

From 【たま】2009.06.09 20:12編集

ベテランが何てこと言うのですか!

いちさん> 頑張って下さいよ! これからが本番ですよ。
 今年は、実家の「じじ」「ばば」にタップリ食べさせてやります。 もちろんおらもです。(笑) 「たま」は夜行性です(爆)

From 【たま】2009.06.09 20:19編集

自力で頑張る!

じょさん> 久しぶりに一人でのんびりと夜通しでした。 皆に「よく一人で夜の岩で釣りが出来るのー」と言われます。 
 

From 【たま】2009.06.09 20:24編集

無題

ええ鯛ですね~
文面を通じて格闘・磯の状況が大変よく伝わりました~^^
やはり”鯛マスター”のタマさん!沖への激走も落ち着いて対応なされたようで・・・見習わないと
「長手鼻鮮魚センター」  磯の名前ですか?名づけ親はタマさん?(笑)

From 【shige】URL2009.06.10 08:49編集

いいですね~

羨ましい限りです やっぱり夜なのかな~~


ん~~~~~ 悩むところですが・・
一度くらいは 行ってみようかな~

次ぎは トリプルγにしようと思ってましたが
有無を言わさず オシャレのほうが上のようですね!!

From 【チヌジャック】2009.06.10 17:33編集

お久しぶりです

shigeさん> 意外とヤバかったかも(^^!)針のチモトの上15センチの所までガン玉がずれてました。 
 良く釣果がある岩なんで、長手鼻鮮魚センターと自身は思ってます(笑)
昼は餌さ取りが、キツクなって来ましたね。

From 【たま】2009.06.10 17:34編集

お勧めします ”オ・シャ・レ”

チヌジャックさん> アイシャドウした、オネエチャン達はやっぱり夜にならんと、大胆になりませんよ(笑)今週、一緒に行きますか?当然、おらも行きますが、宿は余裕あります。
 道糸なんですが、昨年からトリプルγを使ってましたが、撚れや絡みと糸の捌き易さは断然”オ・シャ・レ”が上ですね、バランスがとれてますよ。
 五月三、四の遠征でトリプルγでやられてますので、気に入らなかった、で試しに”オ・シャ・レ”を使ってみましたらこれが快適なもんで直ぐ「次回~は」とおもいました。

From 【たま】2009.06.10 17:47編集

おめでとうございます!

素晴らしい真鯛ですねぇ~♪ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪
これで「それほどでかくない」って言えちゃうところはさすがです。。。
やっぱり夜のほうが喰いが良いようですね。。。
しかし・・・たまさんのやり取りを読んでいると同じウキフカセ釣りでも
黒鯛とは全く違う釣りなんですネェ。。。Σ(`0´*)ヌォ~
これが磯真鯛かぁ・・・いつか私も。。。

From 【サンタマ】URL2009.06.10 18:47編集

無題

あっ、リンクありがとうございました!m(_ _"m)ペコリ
私もトップページ改訂した時にリンクさせて貰いますね!ヨロシク<(_ _`*)X(*´_ _)>ヨロシク

From 【サンタマ】URL2009.06.10 18:49編集

デカッ!!

待ち焦がれてましたとうとうやりましたね!おめでとうございます!
それにしても・・うまそう・・イナダリリース?
もったいないです(笑)

From 【会津っ子】2009.06.10 19:34編集

今週、一緒にいくっちゃ!

サンタマさん> 時期逃したら悔いが残るんで、一緒に行きませんか?

From 【たま】2009.06.10 20:07編集

ありがとうございます。

会津っ子さん> 〇ザエの生育状況も良いので、是非、足を運んで下さい。
おらは、7月の半ば位まで通い前半終了ですが、 予定が合えばご一緒できます。

From 【たま】2009.06.10 20:11編集

いいサイズ

楽しそうなやりとりですね。わたしは今週末から飛島です。

From 【SEXYCAT】2009.06.12 06:11編集

これがあるから

SEXYCATさん> 黒鯛と違った引き味ですから止められません(笑)
 飛島釣行、頑張って下さい。 釣果報告楽しみにしてます。

From 【たま】2009.06.12 12:29編集

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
秘密? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:

≪ 粟島遠征の同行者 |PageTop| 岩ゆりが咲くころ ≫

カレンダー ▽

最新コメント ▽

プロフィール ▽

最新コメント ▽

忍者アナライズ ▽


カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[01/01 EJHooca]
[11/06 スーパーコピー 売る 7つの戦略]
[01/08 萬富 パチモン財布激安ブランド]
[12/22 スーパーコピーブランド]
[10/22 たま]
[10/21 S丸]
[06/02 たま]
[06/02 たま]
[06/02 たま]
[06/01 S丸]

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

バーコード


※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【tama】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog