忍者ブログ
NinjaToolsAdminWriteRes

赤と黒に誘われ

真鯛に魅せられ

HOME ≫ Category 「粟島」 ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


平成23年粟島秋磯釣行

 九月十、十一日と秋の粟島にbbさんと釣行した。
当日の朝、島の宿から ”波が高いけくんな”コールが入ったものの強行で出立したが、やっぱり
気になります。 行きのフェリーは然程ゆれもなく快適です。
 
 島に到着し海の様子を伺いながら船頭と打ち合わせ・・・・・。 近くなら何とか行けそうな感じですので
宿に上がりご挨拶を!!  そうです今回、初にお邪魔させていただく事になった粟島.民宿市左エ門です。
 
 此処の若女将はブログを書いており、粟島で四季折々の行事や話題なんかを提供してます。
そしてこの度、急な〇渡しをお願いしS丸さんから快く引き受けていただきありがとうございました。 

時刻も午後三時になり近くの岩に一人ずつに別れ釣り開始

浜で有名人の”おんちゃ”に餌を少し分けてもらった”特効餌”で早速こやつ等が
90e62ab8.JPG

 判は小さいが良く引いた鍋割です。
これは美味そう~












bb837449.JPG

 続いてやって来た兄貴分です。
この魚は先ほどのと違い竿先を五センチ程
抑え込みじっとしてたので、鬼合わせしたら
三号の遠投竿が根元から曲がり根がかりした
状態で、動き出したら結構な引きでした。









 さて日も暮れて来たので、夜釣りの電気浮に明かりを点け再開です。
cdcdcee3.JPG



  尺位の子あっぱです。











3de8663e.JPG



 岩の周りを半周した。”暴君” 色が違う
五十二、三位あった銀鯛










四十半ば位の鯛などが掛り始めたが、十一時過ぎに子あっぱが掛りその後、シーンとした午前一時に
待望の手応えが、この岩も手前に瀬があり厄介だが難なくお網に
cfc336fc.JPG


 映りが悪いが、本命の鯛だ
六十六のちょっと中途半端なサイズでしたね。


 その後は当たりもコマセもな無くなり
朝、五時半に岩を降りた。









8a1a211b.JPG 
 さて今回の楽しみにしていた宿のご馳走は
焼き物と刺身を見ればわかりますよね。

 bbさんは焼き物を見て大喜びです。
 
 女将さん S丸さんこの度は急にご厄介に
なる事になりすみませんでした。 今度、ゆっくりと釣り無し?で伺いますね(釣り無しは無理か)
 

拍手[5回]

PR

▼ つづきはこちら

酷暑の粟島で強化合宿?

 八月六、七日と粟島に夜通し釣行してきました。 今回は課題を一つ出しての釣りです。
釣りの気力がこの暑さで何処まで我慢出来るか、若い時は考えもしないで釣りに行ってたけど
磯歩きも年々、億劫になり地磯離れしてきます。 今回の感じではもう少し頑張れそうだ(笑)

今回、粟島に一緒に渡ったのは、オレガさん、bbさん、そしておらの三人です。
オレガさんご希望の沖岩ですが、日中はこの暑さですので、一旦は宿に入り暫し休憩し夕方の
四時過ぎに渡船開始です。
この時期は流石に釣人はおらず、もちろん岩を取り放題だが、まだまだ日差しは強く暑い
bbさんオレガさんを長手鮮魚センターに、おらは其処ら辺の岩に降り釣り開始。
P8060789.JPG

 ポチンと見えるのはオレガさんかな?













 水温は予想どうり ”ぬるまっこく”お客さんも大勢いるようです。
fe311a30.JPG

 開始後、お見えになった子アッパです
いっちょ前にヒレ立ててますね












その後、ゆっくりと流れてたウキが一気に”シュンと引き込まれエエ感じで糸が出ていき合わせを入れると
まだも行きたがる様子、この岩棚が二段階位あり、前に八十超えを掛けた時、二回も糸が掛かり緩めて獲った
記憶があるので、今回は沖で勝負し難なく御用に
74a45539.JPG


 六十を少し切ったサイズです。











 さて陽も落ち本番開始です。 後は写真はなしですが・・・・・・・・・・・・・・

沖の瀬際で止めていた仕掛けがモヤモヤと海中に、でもウキの光は確認できる?「ありゃメジナか」
穂先で確認するとビュッとウキが見えなくなり一気に竿に乗ります、こやつは瀬の向こう側に行き矯めた竿にはゴリゴリ感が・・・こいつも向こうで浮かせるかなんて思いながらのやり取り、無事にタモに収まった。
クーラーの中が込み合うので飲み物などを引出て場所を確保
その後、小ぶりの四十半ばを確保し後は夜光虫やらで極端に食いが悪くなり海中を泳ぐ魚も確認できる程でした。 朝方に掛けた魚が外れ朝四時過ぎに納竿した。
P8060788.JPG 

 島のシンボルですかね、見るとなぜかほっとします。












f00e05c9.JPG

 夏季の特別ダイヤです。
帰りのフェリーを迎えるのは初めてですね。
 












 今回の釣行は過酷と思っていましたが、予想以上で一晩中、汗が止まらない状態でした。 秋まで辛抱でしょうかね~。 今回は本当にくたびれた、魚は居るんだけど人間は参ってしまうこの暑さ、丁度良い時はないのかな・・・・・・・・・・・。


拍手[2回]


粟島サマーキャンプ夜通し釣

 
七月九,十日と粟島に夜通し釣行を決行しました。
当初、参加予定であった“もっこり氏”は急な用で不参加になりましたが、
定刻通りフェリー粟島で“bbさん”と“たま”で渡島となりました。
 
 岩船港に到着すると、乗船場は大賑わいです?「夏休みもまだだしなー」
聞けばイベントが二つ程、重なっての開催があるとか、なんかチャッコイのが
大勢いいるぞー。
 島に到着し先ずはひと息入れます。四朗~門の亡くなったジジに手を合わせて・・・・・・・・・・
75cbb412.JPG
 












 宿で船頭と三時間余り講釈やらDVD、スカイプ、最後には“喫茶 亀どん”の
開店までありました。幸ちゃんが自ら入れてくれましたコーヒー、これは美味かったね~。
 午後三時半を回り「そろそろ行くか」と声を掛けて出発しました。
浜で渡船待ちしてる時、S丸どんに声掛けしたら「たまちゃん鍋割が釣れているからやれば」と言われましたが、「あっちもこっちも、せいれねけ鯛だけにする」などとやり取りの後、「近くには刺し網は掛けないでおくぞ」 なんとも有難いお言葉を、感謝しております。
 
 さて今晩の宿は・・・何時もの所で決まりbbさんを先に降ろして夜通し配置完了です。
 今回は昼釣りの方と入れ替わりでのポイントなので渡れるのかな~などと気になりましたが、岩降りの支度してましたので、声掛けし釣り開始
 今回は梅雨明けしたみたいで異常に暑いです。
午後五時に釣り開始です。今回は餌捕りが沢山いると思い指し餌だけでの釣り開始ですが、餌が残ります・・・様子見でコマセを少し入れると居ましたね~
針掛かりしない魚が、あっちこっちと探っていると「ウキが指し餌まだある」表示をだしてます。 仕掛けを操作しながら道糸を出してると本日初の当たりが、ウキがシュンと音が出るような勢いで見えなくなり道糸が景気よく出ていきます、途中に合わせを入れてやり取りを開始するが、まだ行きたがるので少し遊びます。何回かの締め込みで上がってきましたが、遊び過ぎて瀬でカラマン棒が一ヒロ半ほど上に上がり魚が取り込みづらくやっとの思いでタモ入れ
PAP_0144.JPG
 
 
近くの岩で早くから釣りをしていた人達も、この魚のやり取り見てて俄然やる気出したようで、笑声も聞こえなくなりました。
 
 六十七の麦わらでした。







 夜中の11時位まで当たりは続き 鯛は皿付けを含み合計9枚? 一枚だけ花が居たようにも思えます(写真ですが)岩降りたのは当初、予定した時刻より一時間早く朝の五時でした。今回は疲れた~
793caca1.JPG
  いつ見てもエエ景色です。
さて宿で一杯やりますか












 サイズは満足できませんが、顔を見れたんでエエ釣行とします
2d055bcf.jpg
 bbさんお疲れ様でした。  
今度は秋かの~











 
 
今回の釣行で思った事は、思ったより水温も高くなく昼の食いも良かったと思われます、もう一週位はいけるかもね

拍手[2回]


▼ つづきはこちら

≪ 前のページ |PageTop| 次のページ ≫

カレンダー ▽

最新コメント ▽

プロフィール ▽

最新コメント ▽

忍者アナライズ ▽


カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新コメント

[10/22 たま]
[10/21 S丸]
[06/02 たま]
[06/02 たま]
[06/02 たま]
[06/01 S丸]
[06/01 サンタマ]
[05/30 かず郎]
[05/12 たま]
[05/11 かず郎]

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

バーコード


※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【tama】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog