忍者ブログ
NinjaToolsAdminWriteRes

赤と黒に誘われ

真鯛に魅せられ

HOME ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

酒の肴

 粟島の名物がまた一つ増えました。
芋焼酎ですが、島ジャガで作った物だそうです。
 飲んでみた感想は芋焼酎ですが独特の癖が少ないあっさりとした感じでした 芋焼酎ファンには少し
物足りないかもしれませんが、初めての方にはお勧めです。
DSC_4867.jpg  

































 それともう一つ前にも書いた様ですが、生の干し蛸
流通は少ない逸品です。 焼いて石の上でハンマーで叩き延ばして戴く 延ばさなくても食べれますが
顎が痛くなります。 
 スルメと違い独特の味と風味で日本酒に合う一品だ、中々手に入らない場合は
売店きんべい 0254-55-2527で求められるかも
IMG_9986.jpg






















 ゆっくり釣をしゆっくりと酒を飲む楽しさがある粟島はなかなかエエ処です。
隠居造りを望む
IMG_0087.jpg






















 海の中でも魚たちはこんな感じに成る頃でしょうか
IMG_0111.jpg






















 何時もエエ凪の時とは限らないのが粟島、島で別の遊び方も・・・・・・・・・
こんな日もある
IMG_9831.JPG
 

拍手[9回]

PR

粟島釣行

五月二十五、二十六日と島に行ってきました。
両日とも天候に恵まれ釣果には不満を残しながらも無事に帰還できた。
DSC_4874_800x600.jpg





















 当日はウネリが残る海での上がる岩が少なく近くの立島での竿出しでした 結果はまる坊主
DSC_4876_800x600.jpg
DSC_4875_800x600.jpg




















エサ撮りも当たらない中で三回程の当たりも魚を掛けれずしまい。 海面のあぶくが恨めしい

 浜に引き上げ皆さんの釣果を聞けば一枚出ただけ、船頭の「夕方の潮は最近駄目だ・・・」の慰めの言葉を
戴き宿に 翌日に期待し早寝早起きにします。
 二日目、朝三時に浜に集合した面々といざ沖岩に向かいます
一足先に出た他の宿の船を途中で追い越し沖岩のポイントに到着
 キャップライトで準備を始める頃には東の山並みも明らんできます
電気浮で四、五投目 潮下で馴染んだ浮がシュンと海中に入ったが手まで来ない??
 リールで竿先を絞り込みながら乗せた魚は沖にまっしぐら
程なくして浮いたのは今期初の鯛、その後直ぐに潮も止まりウンともスンとも・・
 結果は鯛が一枚のみで何とも不完全燃焼でした。次回はどんな物かね~

男鯛で美味しく戴きました。漁師は魚の鮮度を保つのが上手いですね
002.jpg

拍手[8回]


ディスクトップに実用向きか

  昨年から申し込んでたパソコンの新規OSを現存のアプリなどで何処まで対応出来るか導入してみた。
 windows8 64 アップグレード版で税込1200円です。 マイクロソフトよりのダウンロード版ですね

 DVDに焼いて使います。
IMG_4350.jpg

































 まずはwindows7 にアップグレードしてみます。

順調に進み一時間近くで完了
IMG_4342.jpg






















IMG_4345.jpg






















IMG_4349.jpg























 最後に少し手を加えてディスクトップでも使いやすくして完了
3IMG_4352.jpg


 



















 タブレット用だとこんな感じでマウスやキーボでは使いづらいですね
IMG_4356.jpg

拍手[1回]


≪ 前のページ |PageTop| 次のページ ≫

カレンダー ▽

最新コメント ▽

プロフィール ▽

最新コメント ▽

忍者アナライズ ▽


カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[10/22 たま]
[10/21 S丸]
[06/02 たま]
[06/02 たま]
[06/02 たま]
[06/01 S丸]
[06/01 サンタマ]
[05/30 かず郎]
[05/12 たま]
[05/11 かず郎]

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

バーコード


※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【tama】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog